自転車、薪ストーブ、熱帯魚、カメラ等


by egu316
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回は、自転車の記事を読んでる方には、興味のないものになります。
でも、自転車にも乗り、山にも登るアナタには、参考になるかと思います。
そう、アナタのことです。
わかりますよね?

では、モンベルのテナヤブーツのインプレ。
a0209236_20593777.jpg

このブーツには、靴紐がありません。
その代わりに、リールアジャストシステムなる物があります。
ダイヤルをカチカチ回してワイヤーで締め付ける物です。
ロードバイクのシューズでも採用されています。
このテナヤブーツ。旧モデルと異なる点は、ダイヤルが2つあることです。
これで、より締め具合が調節しやすくなります。
で、重量は、紐で締めるタイプのツオロミブーツよりも軽いときています。
比較していたのがアルパインクルーザー2000です。1つ上のグレードのブーツになります。
アッパーの造りはよいです。
しかし、履いてて暑いし、重く感じます。
テナヤブーツと比べてですよ。
テナヤブーツが、669g
ツオロミブーツが、720g
アルパイン2000が、760g

ミッドソールとアウトソールは三種とも同じようです。
見た目の斬新さもベネです。
我が家の登山は、低山と久住。
年1で夏のアルプスに行くくらいです。
ですから、このくらいのモデルで充分。
ということで、テナヤブーツをゲット。

履き心地というと、ベロの折り曲がった部分がくるぶしに妙な感じで当たり、少し痛みがありました。
しかし、位置を調整することで解消されました。
また、リールアジャストシステムいいです。脱ぎ履きしやすく、チョコチョコ締められます。歩けば多少は緩みます。
靴紐でもそうです。
テント泊だったので脱ぎ履ぎが楽でした。

モンベルのブーツはアウトソールに、トレールグリッパーを採用。
他社の多くの山靴はビブラムソールを採用。
では、このトレールグリッパーはどうかというと、滑りにくく、岩などの突き上げ感はあまりなく非常に良いソールと思いました。

結果、買って1発目で久住に二泊三日でテント泊し、結構な距離を歩きましたが、問題ありませんでした。
良い靴でした。
嫁さんも同じブーツを買いましたが満足しています。
a0209236_21185177.jpg
a0209236_21192032.jpg
a0209236_21200470.jpg
楽しい山泊でした。
子供は同じくモンベルのティトンブーツのレディスですが良いみたいです。参考まで。
ハイカットは歩きにくいので、ローもしくはミッドカットです






[PR]
by egu316 | 2015-05-28 20:28 | 登山

無計画の計画ポタ

昨日の日曜日は、午前中が地域の清掃でしたので、パレットの朝練は欠席。
清掃のあとは、勢いで薪割りをしました。
かなりの量が割れて満足です。

それで午後からサイクリングに行くことに。
特に目的はなく、ブラブラと。
テーマは飛ばさない。無目的で走ること。
ちょっと走っては、引き返して道を変えたりしました。
なんだかんだで60キロ程走りました。
昨日の一枚です。

a0209236_06443024.jpg
のんびりと楽しい1日でした。

[PR]
by egu316 | 2015-05-25 06:38 | 自転車

久しぶりのパレット朝練

前回は、ゴールデンウィークの登山について、少し書きましたが、続きを書かず更新してません。この辺りは、また今度。

で、昨日の日曜日は久しぶりにパレットの朝練に参加。
天気もいいからか、10名の参加と盛況です。

この日のコースは、登りメインで、いつもの海岸線コースとは違うとのこと。
久しぶりのライドなんで、かなりキツイだろうなと不安も。

それで、この日の作戦を立てました。
なるべく足を温存させて登る。
そのためには、呼吸を整え、無理に回さない、踏み込まない。ダンシングはしない。
必然的に長く急な斜面ではインナーローに入れることになります。
そうです。インナーロー教団の教えに則り、坂を制すると言うわけです。

結果、余力を残し、走り切る事ができました。
久しぶりのライド楽しめました。
休憩地の脇田温泉でのいちまい
a0209236_08101760.jpg
この日のジャージは、キン肉マンの2000万パワーズジャージ。
ということは、この日の一団は何トレイン?
そう、ロングホーントレインです。
キン肉マンジャージシリーズは他のタッグも買っとけば良かったと少し後悔。
ヘルミッショネルズもカッコ良かった。
a0209236_21551525.jpg




[PR]
by egu316 | 2015-05-17 16:15 | 自転車
ゴールデンウィークは、2泊3日で久住登山へ。
久住で連泊するのは初めてです。
そして、久しぶりのテント泊。

久しぶりなんで、準備が大変でした。
テント泊は衣食住すべてを担いで行くことになりますので、かなりの荷物になります。
何を誰のリュックに入れるか悩みます。

私のリュックには、住のテント一式。
テント、テントの下に敷くシート、寝袋、マット、マクラ
がメインになり、あとは、調理用の鍋と個人のレインウェア。

嫁さんが、衣を担当。着替えや、食器や、ゴミ袋など細々したもの。
後は、レインウェア。

子供が食を担当。
3日分の食料と非常食など。
後はレインウェア。

荷物は分散させますが、レインウェアやヘッドライト、エマージェンシーシートなどは各自持つようにしています。

何時も悩むのが、食料です。
着替え類は大体決まっていて。
基本的には着たきりですが、シャツとパンツと靴下の換えは1つ持っていくようにしています。

で、今回の食料計画。
1日目
朝は、前日に買った、お買い得のパンを車
の中で食べる。
昼は、山の中ですが、この日はテント場に
行くことが目的ですし、下界から入って間も
ないことから、パンと一緒に買ったおにぎり
で済ませます。
夜は、豪華に宗像の道の駅で買った鴨鍋セ
ット。最近の久住はこれが多い。あと、モ
ンベルのアルファ米。
2日目
朝は自宅で焼いたパン。ご飯を混ぜたモッ
チリ感の食パン。ドライフードのリゾット。
これはイマイチだった。
昼は、モンベルのアルファ米とフリーズド  
ライの中華丼の予定でしたが、2日目の行程は
長いことから、行動食のみに変更。
夜は、モンベルのアルファ米と無印のレト
ルトカレー。美味しいです。
3日目
朝は、モンベルのアルファ米と無印のご飯
  にかけるだけレトルト。種類は色々。
和食系のが美味しいようです。

とまぁ、こんな感じで食料計画を立てます。
レトルトは美味しいけど、重い。
フリーズドライは軽いけど量が少ないなどとありますので、そこは色々と悩むところです。

それから、酒の肴や行動食という名のおやつなど含めると結構重くなります。
なんせ、3人分ですからね。
あと、フリーズドライのご飯を間違えて1つ多く持って行ってしまいました。

で、食料担当の子供の荷物ですが、
ご飯一袋200gが5袋→1Kg
レトルト約180gが6袋→1080g
親子丼のドライフード3個
自家製食パンもタッパーに入れたのでそれなりに重く、エナジーバー系が9本、水が2ℓ。
ボトル一杯に詰めたナッツ類。
雨具、防寒着、カードゲームのuno、双眼鏡、やらです。リュックの重さも30ℓタイプなので1Kgくらいでしょうか?
合計7Kgくらいあったかも知れませんね。
よく頑張りました。
帰りはこれらがなくなるので軽くなりますが、寝袋を2つ持ってもらいました。

ま、このように、テント泊は大変なのです。
ちなみに私は
テントが2.3Kg
寝袋約600gが3つ→1.8Kg
マット520gが3つ→約1.5Kg
テントの下に敷くシート→約450g
マクラ90gが2つ→180g
鍋→約250g
バーナープリムスの153→115g
ガス缶2個→460g
魔法瓶
雨具、フリースなどなど。
いつも測ると15Kg位になってたと思います。
重量測っとけばよかった。

長々書きましたが、山の話ではないですね。
結構、準備が大変ということは分かって頂いたでしょうか?

私は、何キロ担いで登ったという自慢はするつもりありません。
荷物は軽いに越したことはないのです。
そこは山の世界もウルトラライトというものがありますが、軽くコンパクトは値段が上がります。
山も自転車も同じです。

今回は、準備編でしょうか?
続きは気が向いたら書きます。
長文は疲れますね。

次は新兵器の山履の紹介でもしようかな。
とりあえず、一旦切ります。
ちなみに、写真は、法華院温泉の談話室で、酒を飲みながらマンガを読みながら、まったりしてるとこです。マンガは、究極超人あーるです。大好きなマンガです

a0209236_19443773.jpg











[PR]
by egu316 | 2015-05-07 06:59 | 登山